loading

Ruixing MFG - カスタム CNC 機械加工部品メーカー & 18年間のサプライヤー

陽極酸化処理された CNC 機械加工アルミニウム部品の色の差異を調査する

×

CNC 加工施設として、私たちは購入者の間で共通の懸念があることを理解しています。 – 同じバッチの CNC 機械加工アルミニウム部品での陽極酸化後の色のばらつきの発生。 この記事では、これらの違いの背後にある要因を詳しく掘り下げ、陽極酸化プロセスとそれが最終製品に与える影響についての洞察を提供します。

 

1. 陽極酸化の基礎:

   電気化学プロセスである陽極酸化処理は、電流の印加によって酸化物層を形成することにより、アルミニウムの表面を強化し、耐食性、耐久性、視覚的魅力を高めます。

 

 

2. 色の差異に影響を与える要因:

   を使用します。 合金組成:

異なる元素(銅、シリコン、マグネシウム)を含むアルミニウム合金は、陽極酸化後にさまざまな色を示します。

   

   Bを使用します。 表面仕上げ:

CNC 機械加工アルミニウム部品の陽極酸化前の表面仕上げは、機械加工マークや欠陥の影響を受けて、最終的な色に影響します。

   

   C。 陽極酸化パラメータ:

陽極酸化中の電解質組成、電圧、電流密度、および持続時間のわずかな偏差が、色の変化に寄与します。

   

   Dを使用します。 陽極酸化浴の汚染:

陽極酸化浴中の不純物は、不均一な陽極酸化や色むらの原因となる可能性があります。

陽極酸化処理された CNC 機械加工アルミニウム部品の色の差異を調査する 1

 

 

3. 陽極酸化処理方法:

   を使用します。 タイプ I - クロム酸陽極酸化処理:

透明またはわずかに黄色がかった外観の、薄く多孔質のコーティングを生成します。

   

   Bを使用します。 タイプ II - 硫酸陽極酸化処理:

一般的で多用途で、コーティングの厚さに応じてクリア (シルバー) からブロンズ、ゴールド、またはブラックまでの色が得られます。

   

   C。 タイプ III - ハードコート陽極酸化処理:

耐摩耗性が向上し、色はタイプ II 陽極酸化処理に似ていますが、厚さと硬度が増加しています。

 

 

4. 品質管理措置:

   評判の高い CNC 加工工場では、色の違いを最小限に抑えるために厳格な品質管理措置を実施しています。 これには、陽極酸化パラメータの監視、清潔なバスの維持、定期的な検査の実施が含まれます。

陽極酸化処理された CNC 機械加工アルミニウム部品の色の差異を調査する 2

 

FAQ:

Q1: アルマイト処理とは何ですか?

A1: 陽極酸化は、金属、特にアルミニウムの表面を強化する電気化学プロセスです。 制御された酸化層を形成し、耐食性、耐久性を向上させ、装飾的または機能的な仕上げを提供します。

 

Q2: アルミニウムにアルマイト処理を施すメリットは何ですか?

A2: 陽極酸化アルミニウムは、腐食、摩耗、傷に対する耐性を強化し、さまざまな色のオプションを提供し、優れた断熱特性と電気絶縁特性を提供します。

 

Q3: 陽極酸化処理にはさまざまな種類がありますか?

A3: はい、硫酸陽極酸化(タイプ II)、ハードコート陽極酸化(タイプ III)、クロム酸陽極酸化(タイプ I)、およびリン酸陽極酸化が一般的なタイプであり、それぞれ特定の用途に適しています。

 

Q4: アルマイトをさまざまな色に染めることはできますか?

A4: はい、陽極酸化アルミニウムは、多孔質陽極酸化皮膜に染料を吸収させることにより、さまざまな色に染めることができます。

 

Q5: アルマイトの耐久性はどのくらいですか?

A5: 陽極酸化アルミニウムは耐久性が高く、腐食、摩耗、紫外線に耐性があり、時間が経っても色の安定性を維持します。

 

Q6: アルマイト処理されたアルミニウムに再アルマイト処理はできますか?

A6: ほとんどの場合、アルマイト処理されたアルミニウムは、既存の皮膜を剥がすことなく再アルマイト処理することはできません。 実現可能性は用途と表面状態によって異なります。

 

Q7: アルマイト処理されたアルミニウムにはどのようなメンテナンスが必要ですか?

A7: 陽極酸化アルミニウムは最小限のメンテナンスを必要とし、通常は外観を保つために中性洗剤と水で洗浄します。

 

Q8: 陽極酸化処理は環境に優しいですか?

A8: 陽極酸化処理は重金属や有害物質を含まず、環境に優しいと考えられています。

 

Q9: アルマイトは溶接できますか?

A9: はい、アルマイト処理されたアルミニウムは溶接可能です。 ただし、溶接領域近くの陽極酸化層は影響を受けるため、溶接前に除去する必要がある場合があります。 溶接後、表面を再陽極酸化するか、他の方法を使用して仕上げることで、望ましい外観を復元できます。

prev prev
Key Attributes of Laser Cutting and CNC Milling Processes
Plastic Materials Resistant to UV Radiation in CNC Machining
あなたにお勧めします
データなし
私たちと連絡を取ってください
Ruixing MFG - 以来カスタム CNC 機械加工部品メーカー 2005
お問い合わせ
追加:
1階、ビルA、No.118 Yongfu Road、FuHai、BaoAn、深セン、中国、518103
著作権 © 2024 深セン瑞興精密製造 - ruixing-mfg.com | サイトマップ | プライバシー通知
Customer service
detect