loading

Ruixing MFG - カスタム CNC 機械加工部品メーカー & 18年間のサプライヤー

さまざまな CNC 加工プロセスにわたって最適な表面仕上げを実現

×

 

精密製造の分野では、最適な表面仕上げを追求することが最も重要です。 この記事では、さまざまな CNC 加工プロセスにわたって優れた表面品質を達成するための微妙なニュアンスを掘り下げ、完璧な仕上げに貢献する技術、考慮事項、業界の洞察に光を当てます。

さまざまな CNC 加工プロセスにわたって最適な表面仕上げを実現 1

1. 表面粗さの要点 CNC加工

Ra (算術平均粗さ) または Rz (粗さプロファイルの最大高さ) で測定される表面粗さは、機械加工部品の品質を定義する上で極めて重要です。

 

 

2. 主要な CNC 加工プロセスの最小表面粗さ値

 

2.1 旋削/フライス加工:

- アルミニウム: Ra 0.4 ~ 1。6 μm、Rz 3.2 - 6。3 μメートル

- 鋼: Ra 0.8 - 3。2 μm、Rz 6.3 - 12。5 μメートル

- ステンレス鋼: Ra 0.4 ~ 1。6 μm、Rz 3.2 - 6。3 μメートル

- 真鍮: Ra 0.4 ~ 1。6 μm、Rz 3.2 - 6。3 μメートル

 

2.2 研削:

・アルミニウム:Ra0.2~0。8 μm、Rz 1.6 - 3。2 μメートル

- 鋼: Ra 0.4 ~ 1。6 μm、Rz 3.2 - 6。3 μメートル

- ステンレス鋼: Ra 0.2 - 0。8 μm、Rz 1.6 - 3。2 μメートル

・真鍮:Ra0.2~0。8 μm、Rz 1.6 - 3。2 μメートル

 

2.3 放電加工 (EDM):

- アルミニウム: Ra 0.8 - 3。2 μm、Rz 6.3 - 12。5 μメートル

- 鋼: Ra 1.6 - 6。3 μメートル、Rz 12.5 - 25 μメートル

- ステンレス鋼: Ra 0.8 - 3。2 μm、Rz 6.3 - 12。5 μメートル

- 真鍮: Ra 0.8 - 3。2 μm、Rz 6.3 - 12。5 μメートル

 

 

3. CNC 加工における表面粗さに影響を与える要因

 

最適な結果を得るには、表面粗さの決定要因を理解することが重要です:

 

3.1 ツールの選択と形状:

切削工具の選択と、すくい角やノーズ半径などの形状を注意深く考慮することは、表面粗さに大きな影響を与えます。 定期的なメンテナンスと研ぎは、パフォーマンスを維持するために不可欠です。

 

3.2 切断パラメータ:

切削速度、送り速度、切込み深さのバランスが重要です。 最適なパラメータにより、材料の除去速度と表面仕上げが向上します。 多くの場合、切削速度が高く、送り速度が低いと、表面がより滑らかになります。

 

3.3 材料特性:

材料の硬度、延性、切りくず形成特性は表面粗さに影響します。 アルミニウムのような柔らかい材料は、通常、スチールのような硬い材料と比較して、より滑らかな表面を生成します。

 

3.4 機械の剛性と安定性:

工具のビビリを防止し、滑らかな表面仕上げを保証するには、機械の安定性が非常に重要です。 定期的なメンテナンス、校正、安定性チェックが不可欠です。

 

3.5 工具摩耗と工具経路戦略:

一貫した表面仕上げを維持するには、定期的な工具の検査と交換が必要です。 切削方向やかみ合わせなどのツールパス戦略は、表面粗さに影響を与えます。

さまざまな CNC 加工プロセスにわたって最適な表面仕上げを実現 2

 

4. 表面粗さ向上のための戦略

 

最小値を超えると、追加のテクニックにより表面仕上げをさらに向上させることができます:

 

4.1 仕上げ操作:

研磨、バフ研磨、ラッピングなどの二次加工により表面粗さを改善します。 これらの技術により表面がさらに滑らかになり、全体的な品質が向上します。

 

4.2 表面コーティング:

メッキや陽極酸化などのコーティングを施すと、表面仕上げが向上し、保護層が形成されます。 これにより、機械加工部品の耐久性と美観が向上します。

 

4.3 精密加工と設備:

高度な CNC 加工装置への投資により、精度と安定性が向上し、より微細な表面仕上げが得られます。 剛性を高めた最新鋭のマシンが優れた成果に貢献します。

 

4.4 材料の選択:

より滑らかな固有の表面特性を持つ材料を選択すると、機械加工プロセスが簡素化されます。 エンジニアリング プラスチックや特定の合金などの特定の材料は、優れた機械加工性と改善された表面仕上げを提供します。

 

 

よくある質問:

Q1: 表面粗さは部品の性能にどのような影響を与えますか?

A1: 表面粗さは、摩擦、耐摩耗性、および全体的な効率に影響します。 機能的な用途では、粗さが低いと摩擦が減少し、部品の効率が向上します。 美的用途では、より滑らかな仕上げにより視覚的な魅力が向上します。

 

Q2: 材料の選択は表面粗さにどのように影響しますか?

A2: 材料の機械加工性は異なり、表面粗さに影響します。 アルミニウムのような柔らかい材料はより滑らかな表面をもたらし、機械加工プロセスを簡素化し、仕上げを向上させます。

 

Q3: 特定の要件に基づいて表面粗さをカスタマイズできますか?

A3: はい、当社はお客様と協力して特定のニーズを理解し、望ましい表面仕上げと粗さ特性を達成するために機械加工プロセスを調整します。

prev prev
What is British Standard Pipe Thread - Custom CNC machining service
The Advantages of CNC Machining Oxygen-Free Copper Components
あなたにお勧めします
データなし
私たちと連絡を取ってください
Ruixing MFG - 以来カスタム CNC 機械加工部品メーカー 2005
お問い合わせ
追加:
1階、ビルA、No.118 Yongfu Road、FuHai、BaoAn、深セン、中国、518103
著作権 © 2024 深セン瑞興精密製造 - ruixing-mfg.com | サイトマップ | プライバシー通知
Customer service
detect