loading

Ruixing MFG - カスタム CNC 機械加工部品メーカー & 18年間のサプライヤー

炭素鋼、工具鋼、合金鋼の違いを理解する - カスタム CNC 加工サービス

×

説明

炭素鋼、合金鋼、工具鋼の特性と用途を学びましょう。 製造、建設、航空宇宙などにおけるそれらの長所、短所、および一般的な用途を調べてください。

 

 

カーボンスチール:

製造において広く使用されている材料である炭素鋼は、鉄と炭素で構成され、低炭素、中炭素、高炭素のバリエーションに分類されます。 低炭素鋼はしなやかですが、高炭素鋼は硬いです。

 

利点:

- 手頃な価格: 合金と比較して費用対効果が高い。

- 耐久性: 環境への曝露や温度変化に対する耐性があります。

- 多用途性: さまざまな用途に合わせて簡単に形成および製造できます。

 

短所:

- 腐食感受性: 特に過酷な条件下では錆びやすくなります。

- 強度の限界: 高炭素鋼は応力下では脆くなる可能性があります。

 

一般的なアプリケーション:

- 建設: 建物、橋、パイプラインの強度と耐久性。

- 自動車産業: 車のフレーム、エンジン部品、ボディパネルなどに使用されます。

- 産業機器: 機械や装置の製造。

炭素鋼、工具鋼、合金鋼の違いを理解する - カスタム CNC 加工サービス 1

 

 

合金鋼:

マンガンやクロムなどの元素で強化された合金鋼は、強度と耐食性が向上しています。

 

利点:

・高強度:炭素鋼に比べて優れ、重荷重に耐えます。

・耐食性:錆びや摩耗に対する耐性が向上しました。

- 延性: 加熱すると容易に形成および成形されます。

 

短所:

- コスト: 一般に炭素鋼よりも高価です。

- 加工の難易度: より硬く、加工が困難です。

- 溶接性: タイプによっては溶接性に制限がある場合があります。

 

一般的なアプリケーション:

- 航空宇宙: 航空機部品向けの高強度、耐食性。

・製造業:重機、工作機械、建設機械。

- 自動車産業: ギア、車軸、サスペンション部品。

炭素鋼、工具鋼、合金鋼の違いを理解する - カスタム CNC 加工サービス 2

 

 

工具鋼:

タングステン、モリブデン、コバルトなどの元素を添加した高炭素鋼の一種である工具鋼は、高い硬度と耐摩耗性を実現します。

 

利点:

・硬度:切れ味が長期間持続します。

・耐摩耗性:耐摩耗性に優れ、高温、高圧に耐えます。

- 機械加工性: さまざまな技術を使用して容易に機械加工できます。

 

短所:

- コスト: 通常、他の種類の鋼よりも高価です。

- 脆性: グレードによっては、応力がかかると亀裂が発生しやすい場合があります。

- 限られた耐食性: 過酷な環境では腐食する可能性があります。

 

一般的なアプリケーション:

- 切削工具: ドリル、鋸刃、ナイフ。

・金型:金属部品の製造。

- 金型: 鋳造金属部品。

炭素鋼、工具鋼、合金鋼の違いを理解する - カスタム CNC 加工サービス 3

prev prev
Comparing Electroplated Nickel Plating vs. Chemical Nickel Plating - Custom CNC Machining Service
The influence of anodizing on the glossiness and thickness of CNC machined aluminum parts
あなたにお勧めします
データなし
私たちと連絡を取ってください
Ruixing MFG - 以来カスタム CNC 機械加工部品メーカー 2005
お問い合わせ
追加:
1階、ビルA、No.118 Yongfu Road、FuHai、BaoAn、深セン、中国、518103
著作権 © 2024 深セン瑞興精密製造 - ruixing-mfg.com | サイトマップ | プライバシー通知
Customer service
detect