loading

Ruixing MFG - カスタム CNC 機械加工部品メーカー & 18年間のサプライヤー

CNC フライス加工部品の内径を設計するにはどうすればよいですか?

×

複雑な部分を掘り下げていくと、 CNCフライス加工 ワークの設計、戦略的な考慮事項は、加工プロセスの効率と費用対効果に大きな影響を与える可能性があります。 このガイドでは、設計者が最適な結果を達成できるように、内径、スロット幅、工具選択の重要な側面について説明します。

CNC フライス加工部品の内径を設計するにはどうすればよいですか? 1

 

1. 内径設計: 精度と効率を実現

 

CNC フライス加工の内径設計を詳しく検討する場合、仕上げ、強度、加工速度の完璧なバランスを達成することが最も重要です。 半径が大きいほど滑らかな仕上げと強度の向上が得られますが、半径が小さいと小さなフライス工具の制限により加工速度と表面品質が損なわれる可能性があります。

 

内部半径設計に関するプロのヒント:

- 工具直径と長さの一般的な 3 対 1 の比率に合わせて、内径サイズを深さの約 1/6 に設定します。

 

- 鋭利な内側コーナーを避けて加工プロセスを簡素化し、コストとリードタイムを削減します。

 

- より小さい内部半径が必要な複雑な設計の場合は、工具の破損と加工時間の増加の可能性を考慮して、拡張切削工具を検討してください。

 

材料の種類、深さ、工具のサイズを考慮して内部半径を作成することは、コスト削減に貢献するだけでなく、加工能力を強化し、生産スケジュールを短縮します。

 

 

2. 内部スロットのマスタリング: 多様なアプリケーションに対応する精度

 

内部スロットは、ファスナーを収容し、さまざまな用途に使用する上で重要な役割を果たします。 それらを効果的に設計するには、サイズ、形状、ツールの選択を慎重に検討する必要があります。

 

内部スロットに関するプロのヒント:

- 最初にスロットの深さを確認し、意図したアプリケーションと一致していることを確認することを優先します。

- 最適な機能を得るには、スロット幅を深さの 1/3 以上に維持してください。

 

 

3. 工具の選択: 精密加工の鍵

 

適切な工具を選択することは、フライス加工を成功させるための決定的な要素です。 内径、スロット寸法、およびワークピース全体の設計に合わせて工具のサイズと形状を調整することは、基本的な実践です。

 

ツール選択に関するプロのヒント:

- 工具のサイズを設計仕様に合わせて、拡張した半径とスロットには大きな工具を選択し、複雑な詳細には小さな工具を選択します。

 

- 適切に選択されたツールにより、ワークピースの損傷のリスクを最小限に抑えながら、高品質の完成品が保証されます。

 

CNC フライス加工部品の内径を設計するにはどうすればよいですか? 2

結論として、内部半径、内部スロット、工具の選択について細心の注意を払うことで、シームレスな CNC フライス加工プロセスが強化され、効率が最適化され、コストが削減され、製品の競争力が向上します。 これらの戦略を検討して、加工能力を強化し、CNC フライス加工の取り組みを向上させてください。

prev prev
PTFE Coating in CNC Machining
How to Combine Wire EDM and CNC Milling for Manufacturing
あなたにお勧めします
データなし
私たちと連絡を取ってください
Ruixing MFG - 以来カスタム CNC 機械加工部品メーカー 2005
お問い合わせ
追加:
1階、ビルA、No.118 Yongfu Road、FuHai、BaoAn、深セン、中国、518103
著作権 © 2024 深セン瑞興精密製造 - ruixing-mfg.com | サイトマップ | プライバシー通知
Customer service
detect