loading

Ruixing MFG - カスタム CNC 機械加工部品メーカー & 18年間のサプライヤー

硬質陽極酸化処理を施したアルミニウム部品の CNC 加工の長所と短所を探る

×

はじめに:

硬質陽極酸化は、アルミニウム部品の表面特性を向上させる特殊な電気化学プロセスです。 カスタム OEM サービスに重点を置いた CNC 加工施設として、材料の選択と仕上げプロセスにおける情報に基づいた意思決定には、硬質陽極酸化処理の微妙な側面を理解することが重要です。

硬質陽極酸化処理を施したアルミニウム部品の CNC 加工の長所と短所を探る 1

 

特徴、メリット、デメリット:

 

1. 特徴:

   - 硬度の増加:

硬質陽極酸化処理によりアルミニウム表面の硬度が大幅に向上し、耐摩耗性が向上します。

 

   - 耐食性:

陽極酸化層はバリアとして機能し、材料の耐腐食性を向上させ、過酷な環境に適しています。

 

   - 潤滑性の向上:

硬質陽極酸化処理中に作成される多孔質構造により、潤滑剤の保持力が向上し、可動部品に利益をもたらします。

 

   - 電気絶縁:

陽極酸化アルミニウムは絶縁特性を示し、電気用途に適しています。

 

 

2. 利点:

   - 強化された耐摩耗性:

硬度の向上により耐摩耗性が向上し、コンポーネントの寿命が延びます。

 

   - 腐食防止:

硬質陽極酸化処理は、腐食条件にさらされるコンポーネントにとって不可欠な堅牢な腐食保護を提供します。

 

   - 寸法安定性:

このプロセスでは通常、精密機械加工に不可欠な部品の寸法の完全性が維持されます。

 

   - 見た目の美しさの向上:

硬質陽極酸化処理により、さまざまな色のオプションが提供され、コンポーネントの視覚的な魅力が高まります。

 

 

3. 短所:

   - 脆さ:

このプロセスにより、特に特定の合金に脆性が生じ、全体的な機械的特性に影響を与える可能性があります。

 

   - 限られた色のオプション:

さまざまな色を用意していますが、その範囲は通常のアルマイト処理ほど豊富ではありません。

 

   - 複雑さとコスト:

硬質陽極酸化はより複雑なプロセスであるため、処理コストが高くなります。

 

硬質陽極酸化処理を施したアルミニウム部品の CNC 加工の長所と短所を探る 2

4. 詳細なアプリケーション シナリオ:

硬質陽極酸化処理は、特に硬度と耐久性の向上が不可欠な場合に、さまざまな産業で応用されています。 一般的なシナリオには次のものがあります。:

   - 過酷な環境条件にさらされる航空宇宙部品。

   ●耐摩耗性、耐腐食性が要求される自動車部品。

   - 電気絶縁の恩恵を受ける電子部品。

   - 重要な寸法と可動部品を備えた精密機械。

 

 

 

5. 適した材質と膜厚範囲(表):

 

素材

合金

硬質陽極酸化皮膜厚さ範囲(ミクロン) 

アルミニウム

6061

25-50

アルミニウム

7075

30-35

アルミニウム

2024

25-50

アルミニウム

6063

25-50

アルミニウム

5052

25-50

アルミニウム

2017

25-30

 

7075 および 2017 アルミニウム合金は硬度が高く、硬ければ硬いほど、硬質陽極酸化皮膜をかなりの厚さにすることが難しくなります。 通常の硬質材料の場合、厚さは 30-35μ硬質陽極酸化処理中。厚くなると砂シミや剥がれなどの問題が発生する可能性があります。

 

6061 および 6063 アルミニウム合金の場合、硬質アルマイト処理で達成可能な最大厚さは約です。 50μM。 まで行く 60μ表面にクラックが発生する可能性があります。

 

 

6. CNC 機械加工部品に関する考慮事項:

CNC 機械加工部品の硬質陽極酸化処理を検討する場合、次の点に注意する必要があります。:

   - 材料の選択: 6061 や 7075 などの硬質陽極酸化に適した合金を選択します。

   - 寸法精度: 陽極酸化プロセス中の潜在的な寸法変化を考慮します。

   - 重要な表面のマスキング: 厳しい公差を維持するために重要な表面をマスクします。

   - 陽極酸化後の機械加工: 必要に応じて、適切な工具を使用した陽極酸化後の機械加工を計画します。

 

 

 

FAQ

Q1: 硬質アルマイトはアルミニウム以外の金属にも適用できますか?

A1: 硬質陽極酸化は主にアルミニウムとその合金に適用されます。 技術的には他の金属にも適用できますが、有効性は異なる可能性があり、依然としてアルミニウムが第一の候補です。

 

Q2: 硬質陽極酸化は複雑な形状の部品に適していますか?

A2: はい、硬質陽極酸化は複雑な形状の部品にも適用できます。 ただし、マスキングの複雑さと寸法精度への潜在的な影響を考慮する必要があります。

 

Q3: 硬質陽極酸化はアルミニウム部品の導電性に影響しますか?

A3: 硬質陽極酸化処理により、アルミニウム部品に絶縁特性が導入されます。 これは導電性に影響を与える可能性がありますが、主に電気絶縁が重要なコンポーネントで考慮すべき事項です。

 

Q4: 硬質陽極酸化部品と互換性のある陽極酸化後処理は何ですか?

A4: 硬質アルマイト部分にシーリングや着色などのアルマイト後処理を施すことは可能です。 ただし、硬質陽極酸化処理の優れた特性が損なわれないように、これらについては慎重に検討する必要があります。

あなたにお勧めします
データなし
私たちと連絡を取ってください
Ruixing MFG - 以来カスタム CNC 機械加工部品メーカー 2005
お問い合わせ
追加:
2階、ビルディング3、No.22 Jian'An Road、FuHai、BaoAn、深セン、中国、518103
連絡窓口: ジェニファー・ペン
電話: +86 13332942233
ワッツアップ:+86 13332942233
著作権 © 2023 深セン瑞興精密製造 - ruixing-mfg.com | サイトマップ | プライバシー通知
detect